シミと紫外線と肌の手入れ


シミとメラニンの関係性


メラニンについて、シミを作る厄介な存在!というイメージをもつ方は多いことでしょう。

 

ですがメラニンは、肌を守る上で大変大切な役割を担う存在でもあるということをご存知でしょうか?

 

私達の肌は、一番表となる角質層→表皮→真皮→皮下組織から成り立っていて、皮下組織細胞の中には核と呼ばれる中心部分があります。

 

この核に紫外線が当たってしまうと、核の中に存在するDNAが破壊されたり、変異して細胞が死んでしまったりと、皮膚がんを引き起こす原因にもなってしまうのです。

 

でも私達の肌には、こうした状態になることを防いでくれるモノがちゃんと存在しています。

 

その存在こそが、何を隠そうメラニンなのです。

 

メラニンは、表皮の一番下にある基底層(メラノサイト)によって生成されます。

 

生成後、周囲の表皮角化細胞(皮膚の一番外側を構成する細胞)に供給されると、まるで傘のような役割を果たすことで、真皮に紫外線が届かないようブロックしてくれるのです。

 

つまり、メラニンが存在しなければ、私達は健康な肌を維持することができないということ=メラニンは私達にとって不可欠な存在と言えます。

 

では何故そのメラニンが厄介なシミと深く関係しているのでしょうか。

 

まずはその関係性にも繋がる、メラニンの種類について説明してみたいと思います。

 

人間の肌の色は黒人、白人、黄色人の3つに大きく分けられますが、これを分けているのがメラニンの比率です。

 

メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンの2種類があります。

 

※一般的にメラニンと呼ばれているのは、ユーメラニンとフェオメラニンの混合体です。

 

ユーメラニン→色黒・黒髪(褐色~黒色)
フェオメラニン→色白・金髪(黄色~赤色)
ユーメラニン×フェオメラニン→黄色・赤毛

 

このように、肌の色も髪の色もユーメラニンのみやフェオメラニンのみのほか、ふたつが混ざり合ったものによって色味が変わっていきます。

 

 

また2種類のメラニンは、それぞれ仕組みについても異なります。

 

ユーメラニン(褐色~黒色)紫外線により発生する活性酸素を除去
フェオメラニン(黄色~赤色)紫外線を浴びると活性酸素を産生

 

白人に皮膚がんが多いのも、このメラニンの比率や仕組みが原因のひとつとして考えられています。

 

 

ではこうしたメラニンの種類を踏まえた上で、改めてシミとメラニンの関係性について触れていきましょう。

 

 

メラニンは色素細胞の中でチロシンと呼ばれるアミノ酸から生成されています。

 

チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素に反応し、次々にメラニンへと変化していきます。

 

生産されたメラニンは、通常ターンオーバーにより角質とともに排出されていきます。

 

 

しかし、加齢や紫外線、摩擦といった物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの要因によって肌のターンオーバーが正常に行われない状態に陥ると、生成されたメラニン色素は排出されることなく、肌に残留してしまうことになります。

 

肌に残り沈着してしまったメラニンは、茶色や黒のシミの原因へと変化してしまうのです。

 

 

確かにメラニンは、シミを作る厄介なものに違いはないのかもしれません。

 

メラニンが無ければシミに悩むこともきっとないのでしょう。

 

ですがメラニンを失えば、紫外線によって皮膚細胞が破壊され、私達の肌は大打撃を受けることとなってしまいます。

 

 

シミを厄介に思うのなら、メラニンが肌を守るためにしっかりと働いてくれる分だけ、肌のターンオーバーに滞りのない生活を送る努力を私達自身がしなくてはならない!ということを、肝に銘じるべきなのかもしれません。

 

シミと紫外線と肌の手入れ記事一覧

シミタイプと原因を知って、正しいシミケアをしよう!一度出来てしまうと、そう簡単に元には戻せないシミのある肌。シミを消すた...

シミや病にも影響する紫外線太陽から燦々と降り注ぐ日の光は、私達が生きていく上で欠かせない存在です。一方、美容考える上では...

紫外線の種類とその影響について地球に降り注ぐ紫外線は2種類存在すると前述しましたが、ここではその種類について更に掘り下げ...

紫外線予防や対策の具体的な方法有害な紫外線から肌を守るために行いたいのが、日常的な予防や対策です。では具体的にどのような...

紫外線を遮る工夫を日常習慣にする紫外線のピークタイムは10時~14時ですが、この時間帯は私達が最も活動的になるタイミング...

日焼け止め選びのポイントそれではここで、日焼け止め選びのポイントについて幾つかご紹介していきます。ポイント1 種類の確認...

活性酸素抑制に繋がる食生活を意識する紫外線対策はUVアイテムや日焼け止めなど、外側から行うケアだけでは不十分な面がありま...

シミタイプとその原因シミは個人によって大きさや色、出来てしまう部位についても差が生じるものです。当然ながらその原因も多様...

強烈日焼けジミ(紫外線を強烈に浴びることでできる花びら状のシミ)光線性花弁状色素斑とも呼ばれるシミです。夏のレジャーやウ...

肌荒れ記憶ジミ(ニキビなどの肌荒れ跡にできるシミ)炎症性色素沈着とも呼ばれるシミです。ニキビや肌荒れ、脱毛による刺激でで...

摩擦ジミ(皮膚が強い刺激を受けることでできる黒いシミ)摩擦黒皮症とも呼ばれるシミです。皮膚をタオルで強くこすったり、肌に...

ぼんやりジミ(鼻の横や額などに左右対称にできる薄めのシミ)肝斑とも呼ばれる、30歳以降の女性に多いシミのひとつです。色は...

出っ張りジミ(額やこめかみにできる茶色や黒の出っ張りのあるシミ)脂漏性角質化症、老人性疣贅とも呼ばれ、中年以降に皮膚の老...

青ジミ(体や目の周りにできる青っぽいシミ)太田母斑とも呼ばれる、アザの分類に近いシミです。特に日本人女性にできやすく、生...

シミケアをする上で大切なこと適切なシミケアを行うためには、まず自分のシミタイプを把握することが肝心です。前述した通り、角...

お勧めできるシミ対策商品最近は随分とシミ対策向けの商品も見掛ける機会が多くなってきました。それだけ多くの方がシミ改善に対...

レーザー治療あれこれ試してみたけれどどうにも改善されない、とにかく早く今あるシミを消し去ってしまいたい、そんな方に有効的...

シミ取り エステ体験日本に戻ってから本格的にシミを治療するため、まずはエステに足を運んでみることに。 エステによって対応...

皮膚科でレーザー治療体験まず初めに診察を受けました。施術の説明もして頂いたのですが、飲み薬や塗り薬は処方されませんでした...

肝斑って?肝斑というのは、頬骨から目のそばまでにできている広範囲のシミになります。はっきりとしていつシミではなくて、ぼん...

美白と紫外線対策のコツ紫外線が強い季節というのはしっかりと紫外線対策をしなければなりません。紫外線を浴びるというのはお肌...

美白効果のある食べ物美白効果がある食べ物というのはどのようなものがあるかご存知でしょうか?美白効果のある食べ物といえば、...