有利な排卵検査薬

妊娠に有利となる排卵検査薬

 

妊娠するためには子作りをしなくてはなりません。

 

夫婦で協力をしなくては、いくら片方が妊娠を望んでいたとしても子供を授かることは出来ませんので、お互いが協力をする必要があるのです。

 

しかし仕事で疲れている場合には、度々子作りをするのは体力的にもしんどいと思う人もいるでしょう。

 

無理をして体調を壊してしまってもいけませんので、体調も考えながら子作りをしていかなくてはならないのです。

 

そこで排卵検査薬を使用する事によって、必要以上に子作りをする必要はありませんので、体に負担がかからないようになるのです。

 

排卵検査薬を使用していれば、排卵のタイミングがわかりやすくなります。

 

妊娠しやすいのはいつなのかという事になりますが、そのタイミングとしては、排卵日の5日前から排卵日までの6日間程度と考えられているのです。

 

このタイミングで子作りをすることによって、可能性をかなり上げることが出来るようになります。

 

そうなると、このタイミング以外では無理に子作りをする必要はないと考えてもいいでしょう。

 

タイミングを合わせていれば、お互いに肉体的に無理をする必要もありませんし、精神的な負担も少なくなりますので、排卵検査薬をうまく利用するようにしましょう。

 

排卵日のだるい症状の原因は? 


生理が終わって1週間くらいすると、毎月決まって眠くてだるい日が来るんですよね。

 

別に熱があるわけでも、前の日の睡眠時間が短かったわけでもないのに、なぜか何もする気が起きなくて、ひどいと一日中ぐったりと眠り込んでしまうんです。

 

ただ、最近になって初めて、こうした日が定期的に来ることが分かったので、それを手掛かりに一体このだるさは何なのか、ちょっと調べてみました。

 

するとどうやら私のこのだるい症状は、排卵日に関係しているということが分かりました。

 

なんでも、女性の体は排卵の前後に、黄体ホルモンを活発に分泌することで、子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすいようにするのですが、その黄体ホルモンには同時に眠気を引き起こす作用もあるため、排卵期に私のようにだるさの症状を感じる女性も多いのだとか。これなら、生理が終わって1週間後くらいで、決まってだるい日があったのも頷けますね(排卵日は生理が始まって2週間後くらいにありますから)。

 

ただ、そうなると、このだるい症状は根本的に治すのは無理ということですよね。ただ、運動をしたりストレッチをしたりすることで、体の血流の巡りを良くして多少改善はできるとのことなので、次そうした日が来た時は実践してみることにします。

 

 

おすすめは排卵日チェッカー!


排卵日を特定する方法としては、よく排卵検査薬が挙げられると思います。生理が安定していなくても、排卵検査薬は尿をかけるだけで、1~2日前に排卵日を予測してくれるため、簡単かつ手っ取り早くて良いそうなんです。

 

確かに、基礎体温によって排卵日を特定するオギノ式だと、まずは生理が安定していること大前提、なところがありますからね。

 

しかし、排卵検査薬でも、買う段階では面倒な点があるそうですね。

 

それは、国内だと調剤薬局でしか売っていないという点。

 

何年か前にされた、薬事法とか言う薬に関する法律の改正で、そうした面倒臭いことになったそうです(つまり、その改正より前は、ドラッグストアでも簡単に買えたんですね)。調剤薬局なんて、地域によっては全然数が無いですから、困りますよね。そうかと言って、個人輸入するにも、送料の方で結構かかってしまうと聞きます。

 

そこで最近おすすめされているのが、排卵日チェッカーだそうです。なんでも、排卵検査薬のように使い捨てではないため、1回買えば半永久的にそれを使い続けることができるのだとか。

 

その分、値段は5000円強とちょっとお高めですが、排卵検査薬を何回も買うのとでは、トータル的にそこまで変わらないとのことでした。