排卵検査薬で妊娠

排卵検査薬で妊娠する方法

 

妊活をしている女性は、妊娠をするためにいろいろな努力を行っています。

 

その一つに排卵のタイミングを見極めて、性行為を行うということがあるでしょう。妊娠をするためには、この排卵というタイミング一番重要です。

 

もしも不妊症かなと思って病院に行った時でも、まずはこの排卵日のタイミングをしっかりとることから指摘をされ、治療も始まるからです。

 

自宅で自分でタイミングを計る場合には、排卵検査薬を用いるという方法があります。この方法は薬局や通販などで排卵検査薬を購入して、そして自分の尿を用いることによって検査をすることが出来ます。

 

排卵検査薬は一本が数百円という購入しやすい価格ですし、一回のタイミングを計る時に、排卵前から数本使用してその検査結果が陽性になったタイミングを計るということもできます。

 

その期間を逃さないようにするために、排卵検査薬が数本セットで売っていることもあります。排卵は月に一度しか訪れません。またそのタイミングも必ずしも一定であるとはいえません。

 

時にはずれることだってあるからです。

 

そのようなずれに気がついたり、チャンスを逃さないようにするために、自分で予測をした数日前から使いはじめ陽性の反応を待つという方法もあるのです。

 

排卵日から計算して産み分け!? 


生まれて来る子供の性別なんて、神様しか決められないと思っていましたが、私達人間でもある程度は可能だそうですね。正確には、希望通りの性別の子供が生まれる可能性を、ある程度高めることくらいはできるみたいです(体外受精だと、ほぼ100パーセントの確率で、希望通りの性別の子を授かることはできますが、それは日本だと法律で禁止されているそうです)。

 

では、一体どうすれば、そのように性別を産み分けることができるのでしょうか?重要なのは、排卵日を特定することみたいです。なんでも女性の体は、排卵日の2日前と前日は女の子を(膣内環境が酸性に傾いているため)、排卵日当日と翌日には男の子を(膣内環境が今度はアルカリ性に傾いているため)授かりやすいようになっているため、排卵日から欲しい性別によって、性交渉のタイミングをはかるのが、産み分けのポイントなのだとか。

 

しかし、排卵日を特定するのって、言う程簡単ではありませんよね。基礎体温を記録するにしても、何か月も続けないと精度は得られませんし、それ以前に生理が不安定だとまずはそこから改善しなければいけませんから。なので、私も将来産み分けをしたくなった時のために、今の内に生理には注意を払っておこうと思います。

 

 

女の子が欲しいなら


どうしても女の子が欲しい!

 

そのような場合にはまずは最初に産婦人科で受診してみてください。

 

最初だけで良いので、一度診てもらうと安心です。

 

もちろん、絶対に医院に通わなければならない、というものではありません。

 

仕事で忙しくて病院になんか行っている暇はない!

 

というのであれば、自宅で産み分けにチャレンジしてみるようにしましょう。

 

排卵日を予測するというのは、女の子の産み分けの基本中の基本です。

 

そして排卵日測定と同時に、ゼリーを使用してみてはどうでしょうか。

 

ただし、この場合には産婦人科において販売されていますので、産婦人科での購入になります。

 

また、高温期3日目以降は禁欲をしてください。
排卵予測の2日前が無理でも、予測日3日から4日前であれば可能性も多少はあります。

 

この間で妊娠をしているのであれば、その場合の女の子を妊娠している確率というのはかなりアップします。

 

このように、女の子の産み分けというのは簡単なことではありませんが、決して無理でもありませんので、是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

ある程度条件を揃えることができるのであれば、女の子の産み分けも可能になります。

 

どうしても女の子を妊娠したい!
そう思うのであれば、試してみてください。