排卵検査薬 陽性

排卵検査薬で陽性が続くのはさほど問題ではありません

 

排卵日がいつかというのを正確に知るために排卵検査薬を使っているという女性は少なくありません。

 

特に積極的に妊娠したいと望んでいる女性の場合は、かなりの割合で排卵検査薬を使用し、計画的に妊娠しようと努力されていたりします。

 

排卵検査薬は薬局やオンライン通販サイトなどで簡単に購入することができるので、入手すること自体に頭を悩ませる必要はありませんが、どれを購入するかはしっかりと見比べてから決める方が良さそうです。

 

排卵検査薬と一口にいっても日本製から海外製まで数え上げればきりがないほど多くの種類があり、それぞれで検査にかかる時間や感度に微妙な違いがあります。

 

この感度の違いに着目して選ぶようにすると後で不安になったり心配になったりしないで済むようになりそうです。

 

排卵検査薬は排卵に向けて分泌量が増えてくる黄体形成ホルモンというホルモンを調べるためのもので、このホルモンは排卵直前になると一気に分泌量が増えるという特徴があります。

 

排卵検査薬を使うと排卵日のみに反応が出ると誤解されている方もいるようですが、排卵に向けて分泌量が増えてくるホルモンを調べるものですから、排卵日のみに反応するという訳ではありません。

 

排卵検査薬でそういった誤解をされている方の場合、排卵検査薬の陽性反応が数日ないしずっと続くことに不安を覚えてしまったりする方もいます。

 

それぞれの排卵検査薬の黄体形成ホルモンの感度によって、排卵日の前から陽性が続くことは普通にありますし、感度の低いものであれば、かなり長い期間に渡って陽性が続くということもあります。

 

その点を誤解されていると、排卵検査薬の陽性が毎日続くと不安になってしまったり、検査薬自体が不良品なのではないかと思ってしまったりするものです。

 

しかし、そうではないのだと頭の中にしっかりと入れておくようにしましょう。

 

排卵検査薬の陽性反応が毎日続くことで排卵日がよく分からないという場合は、もしかしたら自分のホルモン分泌量に対して感度の低い検査薬を使っている可能性がありますから、少し感度の高い検査薬に替えてみるのもいいかもしれません。

 

また、陽性が続くのではなく、陰性が続くという方の場合は、逆のケースが考えられますから、もう少し感度の低いものに変更して検査を行ってみるのもいいかもしれません。

 

感度の低いものに変更してみても陰性が続くという場合は、黄体形成ホルモンの分泌量自体に問題があるかもしれませんので、その場合には一度医療機関を受診して、その旨を医師に相談してみるようにしましょう。