女の子 産み分け タイミング

女の子の産み分けのタイミングを排卵検査薬で計る。

 

どんなに強く望んでも、どんなに計画的に妊娠しようとしても、授からない時は全く授からないものですし、逆に思わぬ時に授かってしまったりするものですから、赤ちゃんを授かるということは性別に関係なく、それだけで物凄い幸運なことだと言えます。

 

積極的に妊娠を望む多くの方々は、男女どちらでも構わないから赤ちゃんを授かりたいと思っているものですが、欲をいえば女の子が欲しい、男の子が欲しいといったささやかな希望はあるかと思います。

 

そのささやかな願いを叶えるために赤ちゃんの産み分けにチャレンジされる方も少なくありません。

 

ただし、産み分けにチャレンジする際には、望んだ性別の赤ちゃんを授からなかったとしても、きちんと愛情と責任を持って産み育てられるという最低限の覚悟をしてからチャレンジするようにしましょう。

 

その覚悟ができないのなら、産み分けにはチャレンジしない方が正解と言えます。

 

赤ちゃんの産み分けに必要なことというのはいくつかありますが、1番大きなものはパートナーと仲良しするタイミングだと言えます。

 

 

産み分けでも比較的難しくないのは男の子で、難しいのは女の子と言われていますから、特に女の子を授かりたいと思っている方の場合は、ベストなタイミングを見極めてパートナーと仲良しする必要があります。

 

そもそも男女関係なく妊娠するために重要となってくるのは排卵日ですが、計画的に妊娠しようと思っている方であれば、排卵検査薬を使って排卵日を特定しているという場合が多いかと思います。

 

排卵日当日もしくは翌日に仲良しした場合、男の子を授かる可能性が高いと言われていますから、男の子が欲しい場合は排卵検査薬で濃い陽性反応が出たその日に仲良しするのが良いと言われてます。

 

また、女の子を授かる可能性が高いのは排卵日の2~3日前と言われていますから、排卵検査薬でタイミングを計るなら、薄い陽性反応が出始めたところで仲良しすると、女の子を授かる可能性がぐっと高くなります。

 

ただし、女の子の産み分けにチャレンジする場合は、排卵日よりも前に仲良しすることが重要なポイントになるため、タイミングが少しでもズレてしまうと、妊娠そのものができなくなる可能性もあるということを覚えておくようにしましょう。

 

また、産み分けにチャレンジする際は、1回で上手くいく場合ももちろんありますが、1回ではなかなか上手くいかない場合の方が多いものですので、気長にチャレンジし続けていく心構えが必要にもなってきます。

 

特に女の子の場合は、ほんの少しのズレで妊娠に至らないという可能性も十分にありますから、焦らず気長にタイミングを見極めてチャレンジし続けていくようにしましょう。