排卵検査薬を使ってのタイミングを計る

排卵検査薬を使ってのタイミングを計る

 

早く妊娠したい、すぐにでも妊娠したいという方は排卵検査薬を使って、妊娠しやすい時期を特定し、そこにタイミングを合わせて妊娠のための性交渉を持つようにするのが、妊娠する1番の近道と言えます。

 

妊娠しやすい時期というのは排卵日をはさんで数日間になりますから、そのタイミングでパートナーと妊娠のための性交渉を持つのがベストになります。

 

しかし、この妊娠しやすい時期というのは、何もせずには分からないものですから、その時期を知るためにも排卵検査薬を使用するようにしましょう。

 

排卵検査薬を使うとなぜ1番妊娠しやすい時期を知ることができるのかというと、排卵検査薬が調べるのが黄体形成ホルモンだからです。

 

この黄体形成ホルモンというのは、排卵が近づくにつれ分泌量が増え、排卵日になると一気に分泌量が増えるものだからです。

 

排卵検査薬は自宅で誰でも簡単にできる尿検査になりますが、現在販売されている市販の排卵検査薬の精度は高く、使い方を間違わずきちんと正しい使い方をすれば、ほぼ100%に近い確率で排卵日を特定できるようになっています。

 

排卵検査薬は薬局医薬品になっていますから、基本的には薬剤師が常駐している薬局で販売されていますが、オンライン通販サイトなどでも購入することはできますから、購入方法は人それぞれで好きなように選択できるようになっています。

 

薬局での店頭販売は国内製品に限られていますし、逆にオンライン通販サイトでは海外製品のみの取り扱いとなっています。

 

そうはいっても排卵検査薬は日本製でも海外製でも、その精度自体に大きな違いはないものですから、初めて使うという方や使い慣れていないという方は、海外製の安価なもので数を多く準備しておくのが安心といえるかもしれません。

 

排卵検査薬を使う際には、あらかじめ基礎体温をつけて月経周期を把握しておく必要があり、月経周期を把握しておくことで、無駄に排卵検査薬を消費せずに済むようにもなります。

 

基礎体温で月経周期をある程度把握した状態で、排卵予定日の最低1週間前から使い始めるようにすると、毎日の微妙な変化をしっかりと把握することができるようになりますから、排卵検査薬だけでなく必ず基礎体温も並行してつけるようにしておきましょう。

 

排卵検査薬で濃い陽性反応が出たら、そこから24時間以内に排卵が起こると言われていますから、そのタイミングを逃さないように注意して判定結果を見ておくことも大切です。

 

早く確実に妊娠するためには、排卵検査薬を使って排卵日を特定することが重要なポイントになりますから、積極的に妊娠を望んでいるという方は、ぜひ排卵検査薬を使用して、タイミングを計るようにしてみて下さい。